サンガウプロジェクト Part5

前回バンカ島での採集の後、サンガウプロジェクト用に購入した土地を調査、また土地移譲の証明書を回収しに行ってきました。
原本は現在、私の日本の温室に保管してありますので、泥棒に入られて持っていかれない限り心配ご無用です。
(以前、温室に泥棒が入ったことがあります。)

やるべき事、やったほうが良い事はたくさんありますが、まあこの先とても長い道のりですので少しづつやっていく事にします。
まず購入した土地周辺がどんな感じになっているかです。
やっつけ感満載な図ですが・・・こんな感じになっています。
黒枠が購入土地の範囲です。C地点の部分は枠が見えにくいですが河川が境界線です。
基本的に下流側から上流を見た場合、河川左側サイドは良い状態が保たれています。

画像


それではまずはA地点からB地点までの説明を。
A地点からB地点方向を撮影。
画像


B地点からA地点方向を撮影。右側の斜面はカット済みの購入土地です。
画像



A地点からプールのあるB地点までは河川の水は本来ブッシュの中を流れます。
このブッシュが20-25mくらいあるでしょうか。
しかし訪れた際には、切り倒した木や竹などの影響で水の流れが変わり、でブッシュの外側を流れてしまっていました。
そもそも水量が多くない上に、直射日光を受けてしまっています。これは修正しなければなりません。

画像


そこで倒木や竹などある程度取り除き、ブッシュの中に水を引き込む作業をしてきました。
これで水は直射に当たらずにB地点まで流れていくことが出来ます。

小さな水路を作りブッシュの中に水を引き込みます。
画像


水が中に入ってきました。
画像


ブッシュの中の枝や植物の残骸も取り除いていきます、が・・・蚊がすごくて辛い。
画像


ブッシュの中も木の枝などの植物のガレキが堆積し過ぎて、水深も浅くなり水の流れも悪くなっています。
せっかく植物に覆われた良い状態なのに、これではベタが遡上する事も、この場所を生息や繁殖する場所として利用する事も難しくなっています。
ですのでこれらのガレキを取り除いていきます。

これらのガレキを地道に取り除いていくと、水の流れが良くなりまた水深も少しできました。
20m超のブッシュすべてを作業することは出来ませんでしたが、知人にブッシュの中の掃除を頼んでおきました。
これでベタも最上流部まで遡上でき、また生活圏、繁殖場所としての利用も出来るようになるでしょう。
もちろん同時にB地点から下流側も手を入れていかなければなりません。

実はこのA地点からB地点まではクリプトコリネは生えていません。
まだやっていませんが、いずれ下流側に生えているクリプトコリネをこのA地点~B地点の間に少し移植しようと思っています。

サンガウプロジェクト動画1 A~B地点での作業の様子


サンガウプロジェクト動画2 A~B地点




にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ