Bucephalandra sp.”南Sekadau”

今回、南スカダウ地方でブセファランドラの産地を発見しました。

ブセファランドラの自生地への道
(降りるはいいが登れるか・・・)
画像



今までの他の産地では、葉の形状・色などに個体差はあれどその変異はさほど大きくありませんでした。
しかし、この産地のブセファランドラは小規模な自生地の中でも、個体の変異が非常に大きいものでした。

サンガウ産の葉のように濃い緑色で細めの葉があると思えば、シンタン産より明るいライトグリーンに丸っこい葉まで・・・もちろんどちらとも言えないその中間のような個体もあります。
そんな変異の大きい個体が同じパッチの中にも存在するのです。

画像


画像


両極端な個体を並べてみると、とても同じ種類とは思えないほどですが、おそらくは同じものなのでしょう。
ブセファランドラは分類が難しく、全てがmotolayanaに集約されるという意見もあります。
その分類の難しさが分かるような産地ですね。


小さな甲虫がブセファランドラの花を食べています。
これは受粉してもらうだけでは済みそうもないなあ・・・

画像




にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0