東南亜泥炭会 TEAM BORNEO 

アクセスカウンタ

zoom RSS サンガウプロジェクトPart4

<<   作成日時 : 2017/03/22 15:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Sanggau保全プロジェクトの活動内容

今回このプロジェクトへのクラウドファンディングという事で、支援用植物を購入していただくという形を取らせてもらいましたが、たくさんのご支援を頂き誠にありがとうございました。
その支援金総額はまた後ほど改めて集計してご報告いたします。
本来ならこの概要というか活動内容を先に示さなければいけなかったのですが、順番が逆になってしまいました事をお詫びいたします。

前にも書きましたが保全用の土地を購入し保全していく事、その活動とは「何もしない」ことです。
今まで良好であった環境をそのまま残すこと、何もしないことに意味があります。
ですので「支援したんだから何かやるんだろ」と言われても「何もしません」としか言えません。
まずその事を認識していただきたいと思います。

何もしないが基本ですが、ただし今回の場合は多少の環境悪化が見られますので、手を入れていかなければなりません。
Part2で書いたように、河川環境が悪化していく原因はいくつかあります。その原因を取り除いて解決していく必要があります。
短期的にしていく事、長期にわたり時間のかかる事、いろいろあります。

まず今やろうと思っていることは、切り開かれた林を再度作るための作業です。
現地植生の様々な植物の苗を切り開かれた購入土地に植えていこうと思っています。
むしろ元のような植生の林を完成させることがこのプロジェクトの最大の目標で、それが出来たとしたらもう他にやる事は無いと言っていいくらいです。
しかしこれは時間がかかります。そこそこに戻すまで最低5年はかかると思います。
木などの苗はもちろん現地調達ですが、近隣の林から様々な植物を貰ってきて植える、または一部は生産するという事になると思います。
近隣の土地から野生の苗を貰ってくる場合は、もちろん土地の所有者や村長の許可が必要ですが、私は20年もこの村に通っているので、そこはまあ問題ないかと思います。
そのような植林作業や苗の生産には村人の協力が必要ですので、その部分での支出には皆様からの支援金を使わせていただきます。

その他もう少し短期的に出来ること、例えば溜まり過ぎた泥を取り除くこと、水の流れを妨げる障害物を除去する事などですね。
また植林をしてもすぐには遮光性は得られないので、もし日差しがあまりに強すぎる時は、遮光ネットを河川上に張っていくというちょっと強引な手段も考えられます。
しかしそんな強引な手段が十分実現可能なのも、この場所が源頭部分の河川であるが故です。
この辺は次回に行った時にもう一度詳細に場所を観察して、可能な事をやっていこうと思います。

また時間の経過とともにやっていく事も変わっていきますが、なにしろ1〜2年程度で完成する話ではありません。
壊すのは一瞬ですが、戻すのは膨大な時間がかかります。ただ悪い流れを断ち切れば徐々に回復へ向かっていけると思います。
皆さんもゆっくりとその状況を見守っていただければと思います。

画像


それと土地の権利に関して大丈夫なのか?と心配なさってる方が多いかと思うのですが、特に問題はありません。
土地の権利移譲にはその土地所有者や村が承認したという正式な書類があります。
インドネシアの土地は外国籍では取得できませんので、名義は私の友人の名前になっていますが、その原本は僕が日本で管理する予定です。
いくら杜撰なインドネシアといえども土地を原本なしで売買することは出来ません。
外国人は土地を持てないというのがインドネシアの建前ですが、実際にはたくさんの外国人がインドネシアの土地を所有しているのです。

またその名義人である僕の友人は20年来の友人であり、実際の土地交渉に参加、河川左サイドのゴム林所有者に川に沿って河岸から10mの範囲だけでも売ってくれるよう交渉して上手く話をまとめてくれました。
その10mの重要性を知っている人間です。これからの植林作業にも参加することになるでしょう。
土地の権利書類などはすでに出来上がっており、次回に行った際には支払い残り分も含めすべて完了する予定です。

今回のこの保全プロジェクトに関して、降って湧いたような思い付きで突っ走ってると思われた方もいらっしゃったかもしれません。
しかし僕にとっては保全のための土地購入は10年以上前から考えていた事。
それが今回お気に入りの自生地の林が実際に切り開かれたことをきっかけに行動に踏み切ったという事であって、土地購入や権利などの件に関してはもう前々からとっくに調べはついていて、全ては用意周到、準備万端な状態だったのです。
ですので今回、土地所有者が売却に同意してくれたのはラッキーでした。

今の私にとっての悩みどころはこのサンガウの土地を買い増しするかどうか・・・だけです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

サンガウプロジェクトPart4 東南亜泥炭会 TEAM BORNEO /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる