テーマ:ベタ

バリト川上流?Betta compuncta

先日のベタミーティングで中央カリマンタンのバリト水系の話を少ししました。この水系は現時点ではコッキーナグループ(ヘンドラ)、フォーシィグループ(フォーシィ)、ウニマクラータグループ(パリフィナ)の3グループのベタが一つの水系に生息している唯一の河川だという事を紹介しました。ここより東はコッキーナ、フォーシィは見つかっていないし、ここより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現地画像 "Barito timur" バリト水系 中央カリマンタン

Twitterと被っている画像もありますが、備忘録としてブログにもアップしておきます。 バリト水系は中央カリマンタンの一番東に位置する河川で、この川の東側は東カリマンタン、下流域は二股に分かれ片側は南カリマンタン(バンジャルマシン)へと入ります。 Betta foerschi "Barito timur" 今回の採集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆リコリスグーラミィなどリリース!

今回のリリースは1ページのみです。 ご注文の際は「No.○○ 」を必ずご記入ください。 ご注文メールアドレス info@teamborneo.com ご注文の際はメールに以下をご記入ください。 1. ご注文ナンバー 2. お名前 3. 配送先郵便番号とご住所 4. お電話番号 5. 配送ご希望日 (配達は午前中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆Bangkaリコリス&ベタ リリース!

先日バンカ島で採集したリコリスをリリースします。 リコリスは2種類いますが、片方はペア、片方はサイズが小さいものがほとんどなので匹売りです。 ♂♀が判別が難しいから匹売りにしているので、2匹購入でペア送って!っていう要望は黙殺します。笑 まあ、なるべく分かる範囲で♂♀っぽいのを選びますけどね。 書く必要はないと思いますが、人口飼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラセンスの生息地も・・・

2012年 2017年4月 石についていたモスが消滅しています。(直射増加、湿度低下) もちろんクラセンスの生息地は一か所ではありませんので、すぐに絶滅という状況にはならないと思います。 しかし良い環境が減って、生息できる場所がどんどんとピンポイントになっていっていることは確かです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウスブルーディングベタ 北カリマンタン

昨年の11月の北カリマンタン採集の際のベタ画像です。 Betta albimarginata 北カリマンタン、マリナウでの採集です。 本種は流れの緩い細流に生息しています。 特に落ち葉が川底にたまっているような流れ、また川岸から草や根が水中にまで侵出しているような場所には多数生息しています。 ♂ ♀ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リコリス・クインデチムの生息地

西カリマンタン、Ketapang(クタパン)のパワン川下流域エリア(厳密には水系ではない)のリコリスグーラミィ・クインデチムとオルナティカウダの生息地。 近年では珍しく、一ヶ月も雨が降っていないという事で水は干上がっていて採集することはできませんでした。 ただ、まだ地表に水分は残っておりクリプトコリネ・フスカの群生は健在。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニスマタ リコリス・リンケイ

中央カリマンタンと西カリマンタンとの境界上に位置するジュライ水系。 スカマラは中央カリマンタン、マニスマタは同じ水系にありながら西側の西カリマンタンのエリアに入る。 もう随分と以前の話になるが、業者ルートでリコリスのクインデチムが「マニスマタ」という産地名で入ってきた事がある。 そこでクインデチムをマニスマタで探してみたのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆入荷情報 アナバン編

昨晩、インドネシアより帰国しました。 今回は基本的に魚をメインに、カリマンタンに短期で行ってきました。クリプトも少々あります。 今年のカリマンタンの乾季は最近では珍しく、一ヶ月も雨が降っていないという事であちこちの川が干上がっていました。 今回のカリマンタンは、リコリスグーラミィのパロスフロメヌス・クインデイチムをメインターゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウニマクグループ ポスター

相変わらず高速道路の通行止めなど流通が混乱しております。 ご注文品の配送をお待ちのお客様には大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。 海外のベタ愛好会がウニマクグループのポスターを作ったそうです。 めっちゃ偏ってますね。笑 しかしこのグループは例えば同じマハカム水系の中でも体型や体色などに地域性が見られるので、細か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Betta の新3種

昨年、ベタ・スプレンデンスグループに2種新種が記載されたようですね。 Betta mahachaiensis(ベタ・マハチャイエンシス) Betta siamorientalis(ベタ・シャムオリエンタリス)  詳しくは「水作」ウェブサイトの山崎氏執筆の記事をご覧ください。 http://www.suisaku.com/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パロスフロメヌス sp."Belitung-barat"

ブリトゥン島の西部で採集したリコリスグーラミィです。 色彩パターンがいまいちよく分かりにくかったです・・・ 全体的にひれが黒っぽい・・・? もうそろそろ預けた店で色が出ていると思うので写真でも撮りに行こうかな・・・ Parosphromenus sp. "Belitung-barat" …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベタ・ブルディガーラ

バンカ島では魚を少し採りました。 雨季真っ最中で、ちょうど悪いことに雨バンバン降ってたんで水位が高すぎました・・・ バンカ島南部の「Toboali」での採集しました。 Betta burdigala "Toboali" Kab.Bangka ベタ・ブルディガーラの生息地 上の画像である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メール対応など休止のお知らせ

今週からインドネシアへ行くことになりましたので、お知らせいたします。 お問い合わせ・ご注文などのお返事は2月末ごろまで出来なくなります。ご了承ください。 よくどこへ出かけるの?と聞かれるんですが、僕はいつもJKT(ジャカルタ)に行くまでどこへ行くかほとんど決めていません。 その時、どこかの都市への飛行機のチケットが満席だったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卸売について・・・

最近、多くのショップさんからチームボルネオの水草(主にブセ)を卸してほしいとメールを頂きます。 ボルネオの水草に人気が出て、皆さんがボルネオの自然を知るきっかけになるのは、ある意味大変嬉しい事ではあります。 ただ現在の当方の採集量はたくさんのショップさんに卸が出来るほどの量ではないのです。 今までお申し出いただいたショップさんに卸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ベタ sp. "パランカラヤ"入荷!

久々のベタ入荷です! 中央カリマンタンのパランカラヤから赤ベタタイプのベタが入荷しました。 もちろんワイルドですよ~♪ 画像まだ撮ってないんで画像は無しです。 撮影したら載せます。ただ少量入荷なんで間にあうかな・・・ Betta sp. "Palangkaraya"・・・・ペア¥12,000 追記: このベタは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生息地&自生地 「ビフォー・アフター」

さてちょっと時間がかかりましたが、前回のクリプトコリネ・バンカエンシスの自生地環境の悪化の様子です。 ついでにカリマンタンのいくつかのポイントもありますので紹介します。 画質がすごく汚いのは、横着してポジフィルムをデジカメで撮影するという力業を使ったせいです・・・^^; 同じ場所へ何度も行くのには理由があります。 このような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Banjarmasin

Pontianak kara Ketapang-Pangkalanbun-Kotawaringin-,sosite kyou Banjarmasin ni kimasita. Sasuga! Banjarmasin wa internet ga kaiteki desu! Iroiro gazou ga aru hazunanode…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Betta enisae

僕が初めて採集したベタが1997年にサンガウで採集したエニサエです。 2009年、実に12年ぶりにその場所へ行ってみました。 サンガウの町からすぐ近くの小さな生息場所ですが、今でも生息は確認できました。 とても小さな川です。 ベタ エニサエの若魚♂です。 ベタ エニサエの生息地で見つけた幼蛇です。可愛い♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Betta antoni "Sanggau"

サンガウのストリオラータを紹介したんでついでに~・・・ カプアス水系の固有種(と思われている)、ベタ アントニーです。 アカレンシスグループに分類されている渓流性のマウスブルーダーベタです。 アカレンシスグループの中ではわりと小型の部類に入ります。 細流の最上部に生息する源流性で生息域は非常に狭いです。 尾ヒレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more