現地画像 Part7 Aglaonema pictum IW1908 "Dharmasraya"

西スマトラ州のダルマスラヤですが非常に個体数の少ないエリアで、このアグラオネマもたまたま見つけただけなので、今後この産地でアグラオネマを採集するかどうか怪しいですが・・・一応「I産地」という事にしておきます。Lでも1でもなく、アイ=I です。一つのパッチのみの発見で全てファミリー株、表現性も安定しているようです。草ワルンで少し出します。…

続きを読むread more

現地画像 Part4 Lecanopteris sp. Jambi州

Lecanopteris sp. ジャンビ州で。標高は約1200mほど。STRINGEPLANTSの伊藤氏に画像を見てもらったのですが、スマトラ島にはPumila種が自生しているとのことですが、マレーシアのpumilaとはワックスの感じやヒダの大きさが違うそう。園芸で出回っているYellowtipと言われるものに近いのでは、とかなんと…

続きを読むread more

☆リリース情報!クリプトコリネ・他

今回はクリプトコリネとフェネストラタルムをリリースいたします。前回からご希望の方にはタグを1枚100円にて作成しています。ご希望の方はメールにその旨を記入してください。 ご注文の際は「No.○○ 」を必ずご記入ください。ご注文メールアドレスinfo@teamborneo.com ご注文の際はメールに以下をご記入ください。1. ご注文…

続きを読むread more

現地画像 Part3 Cryptocoryne villosa "Dharmasraya" 10年前との比較画像

西スマトラ地方、クリプトコリネ・ビローサの自生地へ10年ぶり!に訪れました。 しかし周辺の開発などにより、水量がかなり減っています。かつての群落は既に姿を消し、瀕死の状態になりつつもかろうじて生き延びているという状況です。ここは2~3年のうちには消滅する事になるでしょう。 ちなみにちょうど10年前、2009年の画像を…

続きを読むread more

現地画像 Part1 Aglaonema pictum"Padang aro"

前回訪れたスマトラ島現地画像です。 まずはF産地 “Padang aro” です。パダンと付いていますが、場所はジャンビ州との境界付近です。 個体数も少なくあまり派手な表現の個体は見つかりませんでしたが、バイカラーの表現としてはなかなかカッコよい。  
トラックバック:0

続きを読むread more