現地画像 "Barito timur" バリト水系 中央カリマンタン

Twitterと被っている画像もありますが、備忘録としてブログにもアップしておきます。

バリト水系は中央カリマンタンの一番東に位置する河川で、この川の東側は東カリマンタン、下流域は二股に分かれ片側は南カリマンタン(バンジャルマシン)へと入ります。
画像


Betta foerschi "Barito timur"
今回の採集調査ではこの水系から初めてベタ フォーシィとベタ ヘンドラが確認されました。
フォーシィグループ、コッキーナグループともに現在のところ最東端のレコードです。
面白いのはこの水系にベタ パリフィナが生息している事でしょう。
ウニマクラータグループ、フォーシィグループ、コッキーナグループの夢の競演が実現しているボルネオ島唯一の河川なのです。
画像

画像

画像

画像

フォーシィグループのベタは河川本流筋ではなく、湿地林を流れる浅い水たまりのような場所に多く生息しています。
画像

画像

画像



Parosphromenus filamentosus "Barito timur"
この産地のフィラメントススは色彩の変異に幅があるようです。
黒、ブルーを基調にしたもの、尾ひれに少し赤みが入るものなど個体差があります。いずれにしても下流域のバンジャルマシン産の赤みの強いフィラメントススとはだいぶ違うカラーリングです。
画像

青みの強い個体↓
画像

ブラウンウォーターの美しい水。ここは現地の人々の水浴び場です。リコリスグーラミィ、クリプトコリネと人間の水浴び場とは密接な関係性があります。
画像

画像

リコリスグーラミィはクリプトコリネやバークレアの葉の下に多く生息しています。
セラタネンシスやクロコダイルフィッシュなどの個体数も豊富です。

水中で撮影したバークレア。↓
画像


Cryptocoryne cordata var.cordata ↓
画像

画像


スファエリクティス セラタネンシス
画像


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ