アクセスカウンタ

<<  2018年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


現地画像 Part3 北サンガウ アグラオネマ

2018/06/19 22:16
北サンガウエリアです。
主にアグラオネマ・ネブロスムのバリエーションあれこれご紹介します。
大阪BBには幼株中心に6,7株持っていきますので、どのような表現になるかの参考にしてください。
といってもまだ小さすぎて分からないかな・・・^^;

画像


画像


画像


画像


画像


画像





にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
記事へトラックバック / コメント


☆リリース情報 ブセ・クリプトなど

2018/06/09 21:03
今回のリリースは1ページのみです。

ご注文の際は「No.○○ 」を必ずご記入ください
ご注文メールアドレス
info@teamborneo.com

ご注文の際はメールに以下をご記入ください。
1. ご注文ナンバー
2. お名前
3. 配送先郵便番号とご住所
4. お電話番号
5. 配送ご希望日 (指定無い場合は、指定無しとしてください)


※ご入金確認後発送。代引きは現在お受けしておりません。
※配達指定は12日(火曜日)〜。



フェネ・ブセ(画像はサンプル)

No.1 Bucephalandra sp. "Serimbu" Kab.Landak 
M¥2,800(完売)
画像


S¥2,400(在庫あり)
画像



No.2 Bucephalandra sp. "北Sanggau" Kab.Sanggau ¥2,800
ある程度細葉を選別。
画像


No.3 Fenestratarum culum "Ngabang" Kab.Landak ¥3,000
輸送難易度No.1サトイモ。ほんとこれ運ぶの難しいです。すぐ溶けます。
前回までは記載地もののリリースでしたが、前回までとは違う場所で採集しました。この産地は個体がデカい!
画像



その他
No.4 Cryptocoryne cordata "Pendang" 中央カリマンタン¥3,000
ペンダン産のコルダータです。
画像


No.5 Barclaya sp.(kunstleri?) "Pendang" 中央カリマンタン
葉の状態は悪いです。葉が多少残っている場合もありますが、基本的に現地葉はダメだと思ってください。
それでもやってやる、という方お願いします。
L¥3,500(K様売約)
画像


S-M¥3,000(完売)
画像


画像



No.6 Barclaya motleyi "北Sanggau" Kab.Sanggau ¥3,000(完売)
こちらは大変状態が良く安心です。
画像



No.7 Homalomena sp. "Sanggau" ¥2,800(左:グリーン(売約)、右:ブラウン(在庫あり))
通り道ついでのサンガウ産ホマロメナ。
画像


No.8 Pinanga sp. "北Sanggau" ¥3,000
なぜ唐突にピナンガ? え、好きなので・・・^^;
画像


画像



にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
記事へトラックバック / コメント


現地画像 Part2 ペンダン 中央カリマンタン

2018/06/09 13:50
この場所へ行くときって、なぜか大抵時間が押してる。
それでいつもかなり凶悪なスケジュールで乗り物を乗り継ぐことになってしまう。

前回訪れたのは2年前くらいかな。
この小さな綺麗な川を村人が洗濯、マンディ場として利用している。
しかしながら変わらず良い状態が保たれている。人間が関わるから必ずしも自然がダメになるわけではない。
適度な距離感で人間が自然そのものを利用する時、その環境が大きく壊れることは無い。
村人はこの川の水が綺麗である限り、この場所を水浴びや洗濯などに利用し続ける事が出来る。
水草的に言えば、むしろ人間が利用しているこのような場所の方が、クリプトやバークレアなどは大群生を作る傾向にある。

しかし、もしこの上流部で「金」を掘り始めたら川は一瞬で崩壊する。
「金」を採掘することも自然を利用していることには違いないが、自然を保つことで継続的に利用するか、または壊しながら短期的に利用するかでその意味合いは大きく異なる。
僕のような採集人が行っている植物の採取というのは、まさにこのどちらにも転ぶ可能性のある行為だと認識する必要があると思います。


さて、ちょっとした発見があるとお知らせしていましたが・・・
このペンダンのホマロメナは開花情報未確認で、MIST LOVERSの中でも「ホマロメナかどうかさえ不明」 としていましたが、今回現地での開花確認とその花の標本を採取することが出来ました。
(厳密には過去一件、お客さんからの開花情報がありました。ただ当時の画像だけでははっきり確定することができませんでした。)

じゃん! Homalomena でいいと思います。
画像


画像


画像


花の付いた個体はかなりの大型個体で、成熟しないと花芽が付きにくいのかもしれませんね。

同種かと思いますが、白葉と緑葉は同場所に混生しています。
ただ大きな白葉の個体の周りには白葉の子株が集まっており、種子からでもその形質が出やすいのでしょうか・・・。
画像


画像


水中にも!
画像


画像


画像




美しいバークレアの群生。
画像


葉が薄く採集後24時間で葉がぼろぼろに・・・傷みやすい。
画像


画像



クリプトコリネ・コルダータ
画像


画像



ホマロメナ水中動画はまた別にご紹介します。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
記事へトラックバック / コメント


現地画像 Part1 ランダックエリア

2018/06/08 03:19
今回はとにかく雨、雨、雨。川はどこも大増水。
本当は、とあるリコリスの情報があって、採集調査したかったがこれでは手も足も出ない。
なので今回はかなりあっさりとしています。笑

画像


画像



ランダックにある滝。豪快な滝だがブセは無かった。
開けすぎているのと、滝落下地点から高低差があまり無く岩の露出が少ない。
画像

画像


滝裏にはツバメが群れで巣を作っています。
画像



このエリアはピプトスパサが岸辺を占有していることが多いようだ。ブセが追いやられている印象。
画像


ブセファランドラ sp. "Serimbu1"
スリンブ産の小型〜中型ブセ。
今回は天候の問題であちこち回ることがなかなか出来なかった。そしてピプトが優先する中、やっと見つけたブセ。
画像


画像


画像


画像


画像




ベゴニア sp. "Serimbu"
サラワクでいうところの 「Begonia payung」 的な葉っぱのベゴニア。
payungとはマレー語で傘の事。葉柄が葉裏に付いてて傘っぽいってところからのネーミングでしょうね。
まあ種類は違うと思いますが・・・。
画像


画像



イワタバコの仲間。
デカすぎやしない?
画像


画像


とても状態の良い川だが、ピプトサパサ占有。
画像


フレグマリウルス
画像




にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
記事へトラックバック / コメント


<<  2018年6月のブログ記事  >> 

トップへ

東南亜泥炭会 TEAM BORNEO  2018年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる