サンガウプロジェクト Part6

A~B地点に続き、B・C地点です。


画像


B地点には水を貯める小さなプールが作られています。
C地点が本来の川筋なのですが現在の水流は僅かです。プールからライスファームの方へ水路が作られてしまっているためです。
しかしここで植えられている米は、常に水浸しにしておく必要のない斜面に植えることが出来る品種ですので、この水路はファームの土地所有者に断った上で閉じてしまう予定です。

プールから水路に水が流れていってます。
画像


C地点よりライスファーム(未購入土地)を撮影。
画像


そして現在は水流が減ってしまい、泥が溜まってしまっている本来の川筋に水を引き戻す予定です。
この本来の川筋のC地点にはクリプトコリネが生えているのですが、水量が少なくなってしまって泥が溜っているうえに、カットした倒木が水の流れを遮ってしまい、非常に水通しが悪くなっています。
ですので出来る限り早くこの倒木を撤去(これが相当の重量物)、プールの水を本来の川筋に戻すこと、これが今回のプロジェクトでも重要なポイントの一つになります。

プールからの本来の川筋はこちら(C地点からプール方向を撮影)
画像


C地点(倒木が水の流れを遮り泥が溜っている状態)
画像


SGUプロジェクト動画3 2017.4 【TB】


SGUプロジェクト動画4 2017.4 【TB】



B地点のプールですが、これ自体を無くしてしまうかどうか迷ったのですが、これはそのまま残すことにしました。
ただやはりガンガンな直射日光が気になります。
伐採済の購入土地に木を植えたりすることは考えていますが、それが成長して日陰を作るようになるには時間がかかり過ぎるため、周辺に生えている成長の早い竹、数十株をこのプールの周りに植えてみることにしました。

倒木の撤去や竹の移植作業、この作業も村の知人に頼んでやっておいてもらう予定です。
最低3人くらいの人手は必要かと思いますが、その作業の費用ために皆さんからいただいた支援金を使わせていただいております。

B地点プール
画像


周辺に生えている竹をプール周りに移植して直射を遮ってみる作戦。
画像


うまく根付いてくれれば成長が早いのでプールへの直射をかなり遮ってくれると思います。
画像



にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ