ブセファランドラ 現地画像

今回は西カリマンタンの探査、採集を行いました。
あまり時間がなかったので、あちこちは回れませんでしたが。
早速、現地画像をご紹介します。
リリースは来週中を予定しています。

まず最初は西カリマンタン、Kab.ムラウィエリアのKec.ムヌクンのブセです。
もうほとんど中央カリマンタンとの境に近いエリアになります。
ムラウィといえばナンガピノですが、そこから直線距離で約60kmほど離れています。
オフロードを延々と走ります。

・Bucephalandra sp. "Menukung1" NEW!
ナンガピノのブセに少し似ていますが、そこまで葉縁のウェーブは強くないようです。
画像

画像



・Bucephalandra sp. "Menukung2"
 NEW!
ムヌクン1と比べると少し大型(といってもシンタンくらい)で、葉は若干幅広。
葉縁はウェーブが少なくテロンとしています。
画像

画像

画像

画像

Bucephalandra sp. "Menukung2"の自生地
画像




ここからはカユラピスエリアです。
・Bucephalandra kishii "Kayulapis2"
グリーン葉とブラウン葉があります。
また自生地同場所に小型ブセも自生しており、中には中間体?のような個体も見受けられます。
画像

画像

画像

画像

画像

Bucephalandra kishii "Kayulapis2"の自生地
画像



・Bucephalandra sp. "Kayulapis3"
画像

Bucephalandra sp. "Kayulapis3"の水中葉
画像

画像



・Bucephalandra sp. "Kayulapis4" NEW!
KL2と同場所に生えている小型ブセです。
KL3もKL2と一緒に生えていることがあるので、もはやカユラピスのこのエリアは混とんとしています。
もしかすると元祖カユラピスと同種なのかもしれませんが、採取場所が異なるため現状では別物として扱っておきます。
画像

銀葉パッチの個体を選別採取!
画像

画像



にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ