切らないでください

今回、リリースしたアグラオネマは根茎をカットしていません。
そしてさらに当温室の環境に慣れ、新根の発根を確認してからリリースしています。


最近の愛好家さんのブログを見させてもらったり、直接メールで育成についての質問を受けたりするのですが、中には草がどういう状態か分からないのに、さっさと根や茎を切って調子を崩している方がけっこうおられます。

逆に僕の方から質問したいです。
それ今すぐ切る必要ってなにかあるんですか?
そこでご購入いただいたお客さんにはあえてお願いしておきます。

購入した株の根茎はすぐに切らないでください

購入した株の根茎を切ると言うのは恐らく増殖の目的でそうされているのかと思うのですが、全くの逆効果であるという事をハッキリと申し上げておきます。
当方がリリースする株は発根を(株によっては新葉の展開も)確認してリリースしていますから、導入はわりとスムーズにしていただけるものと思います。
とはいえ、ほんの一ケ月前に採集し輸送のダメージを受け、やっと温室の環境に慣れたところです。
それをまた引っ込抜いて輸送し、また環境が変わるのです。

ずっと切るなとは言っていません、ほんの少し待ってもらえばいいんですよ。
新しい環境に馴染んで新葉が展開し成長段階に入るまでの間です。恐らく1~2ヶ月あれば十分でしょう。
それだけでリスクはかなり軽減されます。
当方のようにショップとしてやっているのでなければ、その1~2ヶ月が待てない理由って何かあるでしょうか・・・。
安定した状態でカットされた株は、結果的にその後の成長も非常に速いのです。


以前にもこのような事は書いたと思いますが、アグラオネマでもブセでも熱帯植物にとって大事なことは、安定しバランスが保たれている事です。
バランスが崩れた所にさらなるダメージを与えるのは得策ではありません。

通常、観葉の茎の立つアグラオネマの増殖法は・・・
茎に水ゴケを巻いてラップでくるんで保湿し、根っこが十分に生えたら、茎を切って植え替えるというのが一般的です。
重要なのは「根っこが生えた状態で植え替える」という事です。
それはカットして植え替えた後でも、安定的な状態をすぐさま作り出せるという事です。そのぐらいリスクを軽減してやるのが一般的なのです。
それを野生の植物で・入荷直後の不安定な時期に・新根も生えてないのに・茎3分割
そんなのうまくいくハズありません・・・^^;

いや、恐らく今回うちからリリースした株ならすぐにでも1カットくらいなら大丈夫でしょう。
でも「切っても大丈夫」が当たり前だと思われると困ります。その時の便によって状態は様々なのです。
葉っぱも落ちて「棒」だけになっているなんてのは、もう明らかにパッと見で危ないな、って感じがしますが、一見健康そうに見える植物でもダメージを受けている可能性はあるのです。
それを判断するのは誰であっても簡単ではありません。
ですので、大丈夫そうに思えても成長が確認できるくらいまでは待ってやるのが基本でしょう。

え、でも根っこが鉢に入りきらないって?
まあ、そこは何とかして下さい。笑
それでも切るというベテランさんはそれはそれで良いのです。それだけのテクニックとスキルを持った愛好家の方もたくさんいらっしゃいますので。
ただ自信の無い方は止めておいた方が無難です、だって切ってしまったら一週間でダメになったと言われても保障も何も出来無いですからね。


あ、それから増殖する際、茎を切った上の側は水ゴケなどに植え替える事が多いと思いますが、ミズゴケの水分はけっこう絞ってもらった方が良いですよ。
腰水とか水ゴケがベチャベチャとかはあまり良くないです。茎が腐る原因になります。
湿度はある程度高い方が良いですが、湿度が高い事と水浸しでは意味が違いますので、そこは勘違いなさらぬよう・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス