産地表示についてのあれこれ(ブセ愛好家必読!)

さて前回の旅の様子を一通りご紹介し終わったところで、インドネシアの地図や行政区域について簡単に触れておきます。
これを読めば愛好家さんは今までよりも深く、クリプトやブセファランドラの産地の事を知ることが出来るでしょう♪^^


まずボルネオ島ですが、ご存じのように3つの国が混在しています。
今さら説明する必要はないですが、インドネシア(カリマンタン)、マレーシア(東マレーシアと言われ、サバ州とサラワク州)、ブルネイの3国です。
今回は一番大きな面積を占めるインドネシア領について触れていきます。


インドネシア領カリマンタンは4つの州に分かれています。
東(timur)、南(selatan)、中央(tengah)、西(barat)
チョコレート・グーラミィのセラタネンシスや、AL7月号に僕の写真が載っているヘミランフォドン・トゥンガーなどの種名はこの州の名前からとられています。
これらはPROPINSI(プロピンシ)と呼ばれます。地図によってはPROVINSIになっていますが同じ事です。


そしてプロピンシの下にあるのがKABUPATEN(カブパテン)です。地図では大抵「KAB」と表示されます。
以前から何度か紹介していますが、西カリマンタン州のカプアス川本流は4つのKABにまたがっていました。
下流からポンティアナック、サンガウ、シンタン、カプアスフルです。過去形で書いたのは現在サンガウとシンタンの間にKAB・Sekadau(スカダウ)が新たに出来ているからです。
そしてKAB・シンタンの南部エリアもKAB・Melawi(ムラウィ)に分割されています。
今後、人口増加に伴いカブパテンはさらに増えていく可能性があります。
例えばKABサンガウといってもかなり広いエリアになりますので、サラワク州との国境付近の住民は何か手続きをする際にはサンガウの町まで行かなくてはなりません。これはやはり不便です。


その下にあるのがKECAMATAN(ケチャマタン)です。地図では大抵「KEC」と表示されます。
実質的に町を表す事も多く、一つのKABの中にたくさんのKECが存在しています。
TEAM BORNEOが採集したものには、ほとんどこのKABかKECで産地名が付いています。
ナンガ・ピノというのはカブパテン・ムラウィの中のケチャマタンの一つです。
サンガウ産やスカダウ産などの名称はカブパテンともケチャマタンともいえます。
しかしTEAM BORNEOが販売している北サンガウや南スカダウというのは、カブパテンという広い地区の北部、南部という意味合いであって、ケチャマタン、つまりスカダウの町の南部やサンガウの町の北部という狭い範囲を意味するものではありません。


さらにその下の行政区域がDESA(デサ)/KELURAHANです。
一部のブセファランドラなどでこのレベルの産地名が付いているものがあります。
デサで産地表示しているのは「クダガン2」で、これは出射氏の流通名を引き継いだためであり、他にデサ表示というのはほとんどありません。


イメージ的にですがTEAM BORNEO温室の日本住所で例えてみると・・・
Propinsi = 関東地方
Kabupaten = 東京都
Kecamatan = 国立市
Desa = 富士見台(町)
さらに住所の場合以下のように続いたりしますが、産地を表す上ではあまり意味はありません。
Dusun
Rt
Rw

もちろん日本の都市圏のように住宅が連続して連なっているわけではありませんが、イメージ的にはだいたい合っていると思います。
場所によっては1km歩けば隣のデサに入るなんて事もあります。

これをどのレベルで産地表示するかというのは、名称をつける人のそれぞれの裁量という事になります。
先日入荷したブセファランドラで見てみましょう。
"クダガン2" = DESA
"Batang kawa" = KEC
"Sanggau ledo" = KEC
"Sekadau2" = KAB,KEC
"Melawi" = KAB

こんな感じになります。
これまでの産地表示というのは、このレベルがどこにあるのかが愛好家さんは恐らく分かりにくかったと思います。
今後、カリマンタンの水草などについてはなるべくこの情報を付加していこうと思います。
ただあまり細かい産地名をつけるつもりはありません。TEAM BORNEOは当初よりKABかKECの産地表示しかしていません。
カブパテンもケチャマタンも表示されていないのに、一部の村人にしか分からない小さな河川名を表示しても意味をなしません。
またバイクで10分移動しただけでデサが変わって産地名が変わってしまうのも、よほど草体の特徴に変化がない限り必要だとは思いません。
ですので、それぞれの産地のその時の状況に応じて使い分けることになります。

お分かりいただけましたでしょうか。ちょっと分かりづらいかな・・・?
この行政区域のレベルを知っていると、お手持ちのブセなどの産地を把握する際に整理しやすくなると思いますよ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス