Betta antoni "Sanggau"

サンガウのストリオラータを紹介したんでついでに~・・・
カプアス水系の固有種(と思われている)、ベタ アントニーです。

アカレンシスグループに分類されている渓流性のマウスブルーダーベタです。
アカレンシスグループの中ではわりと小型の部類に入ります。
細流の最上部に生息する源流性で生息域は非常に狭いです。

画像


尾ヒレはラウンドテール。オスの尾ヒレには細かなスポットが入ります。
渓流性のベタの例にもれず各ヒレは短か目。流水適応ですね。

画像


ちなみにこのアントニーって学名、アントンという人の名前から取ってます。
一体誰なんでしょう・・・?
カプアス川の河口にある西カリマンタンの州都ポンティアナック。
そこで熱帯魚のシッパーをやっている中国系インドネシア人、その人がアントン氏です。
日本へ入ってくるベタ ルティランス、ブロウノルム、マンドールなどは、ほとんどがアントン氏がダヤク族の採集人に採らせたものが入ってきているのです。
他にもカプアス川の熱帯魚のほとんどは氏のファームから日本へ来るわけですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ