東南亜泥炭会 TEAM BORNEO 

アクセスカウンタ

zoom RSS 現地画像 Part2 ペンダン 中央カリマンタン

<<   作成日時 : 2018/06/09 13:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この場所へ行くときって、なぜか大抵時間が押してる。
それでいつもかなり凶悪なスケジュールで乗り物を乗り継ぐことになってしまう。

前回訪れたのは2年前くらいかな。
この小さな綺麗な川を村人が洗濯、マンディ場として利用している。
しかしながら変わらず良い状態が保たれている。人間が関わるから必ずしも自然がダメになるわけではない。
適度な距離感で人間が自然そのものを利用する時、その環境が大きく壊れることは無い。
村人はこの川の水が綺麗である限り、この場所を水浴びや洗濯などに利用し続ける事が出来る。
水草的に言えば、むしろ人間が利用しているこのような場所の方が、クリプトやバークレアなどは大群生を作る傾向にある。

しかし、もしこの上流部で「金」を掘り始めたら川は一瞬で崩壊する。
「金」を採掘することも自然を利用していることには違いないが、自然を保つことで継続的に利用するか、または壊しながら短期的に利用するかでその意味合いは大きく異なる。
僕のような採集人が行っている植物の採取というのは、まさにこのどちらにも転ぶ可能性のある行為だと認識する必要があると思います。


さて、ちょっとした発見があるとお知らせしていましたが・・・
このペンダンのホマロメナは開花情報未確認で、MIST LOVERSの中でも「ホマロメナかどうかさえ不明」 としていましたが、今回現地での開花確認とその花の標本を採取することが出来ました。
(厳密には過去一件、お客さんからの開花情報がありました。ただ当時の画像だけでははっきり確定することができませんでした。)

じゃん! Homalomena でいいと思います。
画像


画像


画像


花の付いた個体はかなりの大型個体で、成熟しないと花芽が付きにくいのかもしれませんね。

同種かと思いますが、白葉と緑葉は同場所に混生しています。
ただ大きな白葉の個体の周りには白葉の子株が集まっており、種子からでもその形質が出やすいのでしょうか・・・。
画像


画像


水中にも!
画像


画像


画像




美しいバークレアの群生。
画像


葉が薄く採集後24時間で葉がぼろぼろに・・・傷みやすい。
画像


画像



クリプトコリネ・コルダータ
画像


画像



ホマロメナ水中動画はまた別にご紹介します。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

現地画像 Part2 ペンダン 中央カリマンタン 東南亜泥炭会 TEAM BORNEO /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる